使い勝手など、その他ご意見承ります。 回答希望の方はメールアドレスも付記してください。 削除希望の方は、画像のタイトルか右上のIDを記載してください。

文字数を増やして検索上位を。検索順位によるサイト文字数・テキスト量・単語数比較調査「Preak(プリーク)」


タイトルの単語数を考慮すると、最初の数ダースほどがSEOにとって最も重要です。最も影響力のあるニュースストーリーのSEOは、ストーリーの最も重要な要素であり、メインコンテンツよりもさらに重要です。見出しと最初の数段落のユニークな単語の数を知る必要があります。また、ストーリーの要約または本文の単語数を知ることも重要です。最初の段落の単語数は異なる場合がありますが、通常、要約の単語数の方が重要です。

次に例を示します。最も強力なSEOテクニックの1つは、記事の最初の数段落を使用して信頼を構築することです。たとえあなたの話が本当に良いとしても、少なくとも最初の数段落を含めることは間違いではありません。 (完全な例については、記事「記事のSEOを改善する5つの方法」を参照してください)

2.コンテンツは関連性がなければなりません


これは驚くことではありません。これは、SEOの一番の要素です。多くの人が見落としているのは明らかです。見出しが一般的な言葉であり、コンテンツがほとんどない非常に多くの記事やWebサイトがあります。

コンテンツが関連していることを心配する必要はありません。顧客にとって本当に役立つウェブサイトを構築していることを確認してください。私たちは皆、「コンテンツは王様」という古い言い回しに精通しています。つまり、作成するコンテンツは顧客にとって有用であり、ビジネスに対する価値提案を反映する必要があります。

「コンテンツは王様」という言葉を聞いたことがあるでしょう。なぜSEOに対するそのような需要があるのか​​を説明するために使用されてきた格言であり、SEOの使用は検索エンジン最適化技術のナンバーワンです。それは本当です。これが、Googleがその分野でナンバーワンの検索エンジンになった理由です。

しかし、「コンテンツは王様」という質問は無視できます。なぜなら、それは言い訳だからです。記事がSEOの専門家によって書かれ、構成されているかどうかは関係ありません。コンテンツが顧客にとって価値があるかどうかは関係ありません。目標は、顧客に役立つウェブサイトを作成することです。

コンテンツは顧客に役立つはずです


SEOが非常に重要な理由の1つは、SEOの取り組みに大きな影響を与えることです。人々がSEOについて考えるとき、彼らはランキングに関してそれについて考えます。しかし、SEOはランキングを意味するのではなく、有用なコンテンツを意味し、有用なコンテンツは顧客にとって価値のあるコンテンツにすぎません。


サブページも重要!Webサイトの1ページあたりの文字数を調査/Preak(プリーク)

キーワード出現数とか重要といっているものもありますが

あの実、何%とがよいとは、書いていません。
最後まで、よんで、なんのこっちゃと思ったことありませんか?
最近では、無理につめこむより、より自然な形の文章にした方がよい
という意見も多くなってきました。
いずれにしても、単語、ユニーク単語で数で勝負です。
いろんな角度から、テーマを論じましょう。

ビジュアル系商材は、文字数が少なくても良いそうです。
画像を商品購入のために重視するからだそうです。
沢山画像をつけるとか。
どうも滞在時間とかサイト全体のPVとも考慮にいれているようです。
だとしたら、アカリティクスいれてないサイトはすごい不利になる。。。


サブページも重要だとか。深いな。


検索エンジンからのアクセスが少なく、集客につながっていないあなたのサイト。
キーワードは設定しているのに検索順位がなぜか上がらない。
そんなときは、Webサイトの1ページあたりの文字数を増やして情報を充実させるのが
ベストです。
SEO用にサイトの文字数(テキスト量)を調べるサービスはよく見かけるのですが、 1個サイトごとに調べなければならなかったりで面倒。それに結局検索順位のために 調べていることがほとんどなので、全部がっちんこして、キーワード入れれば 検索順位をもとに、サイトごとの文字数・単語数を調査するツールをつくりました。

サイトの文字数・単語数は検索順位を決める大きな要因です。 とりあえず、それなりに沢山書いておけば、ある程度は上にくると思います。 競合サイトを研究した上で、ガンガン上位を狙ってください。

Webサイトの1ページあたりの文字数を調査

 






コンテンツ




甘口のレビューが多いとお嘆きの貴方に。東京温泉辛口レビュー。さやの湯、おふろの王様、ラクーア、大江戸温泉、などなど。