使い勝手など、その他ご意見承ります。 回答希望の方はメールアドレスも付記してください。 削除希望の方は、画像のタイトルか右上のIDを記載してください。

おすすめインターネットプロバイダー速度比較ランキング GigaFile Speed Report

ギガファイル便の実測値によるプロバイダー(ISP)の速度比較ランキング
GigaFile Speed Report プロバイダ速度比較ランキングGigaFile Speed Report プロバイダ速度比較ランキング

毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の利用の実際の値によるプロバイダー(ISP)の回線速度を ダウンロードしたファイルサイズ別・月ごとに集計しています。

ここでの上位こそが、おすすめプロバイダー。

速度ランキングと、うたわれているものが多いですが、 実測値を元にしたランキングが、ほとんどなかったため、公開することにしました。 実際のプロバイダーの契約選定にあたって、もしくは乗り換え・変更の参考になればうれしいです。 カタログの理論値ではない、本物の速さをご覧ください。
なお、見方として、過去数か月分も履歴として比較ランキングを一緒に掲載してありますので、単月突発的でなく安定的に 運営されているかもポイントしておさえてもらえればと思います。

インターネット回線とプロバイダを同一のものだと思っている人が多いようですが、
別物でありどちらかが欠けてもインターネットに接続することはできません。
両方と契約する必要があります。
プロバイダはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provier)の
略称であり「ISP」や「インターネット接続事業者(略して接続事業者)」とも呼ばれています。

速度差もしかりですが、価格がずいぶん違うのが、プロバイダー。なぜ、このように開きがあるのでしょう。
よくインターネットへの出口が狭いとか利用者が多いとは書かれていますが、 これは半分あっていて、半分間違っています。
実は、プロバイダーは上下構造を成していて、AプロバイダーはBプロバイダーの配下だったりします。
つまり、Aプロバイダーは、Bプロバイダーの回線を借りているという状態で、
Bプロバイダーから借りてきた回線(帯域)を、さらに細分化して、Aプロバイダーの名前で売っているのが実情のため、 Aプロバイダーの出口が狭いというのは、当然で、むしろ、 AプロバイダーはBプロバイダーの配下であるということを、強調した方が問題解決になると思います。 ここで問題となるのは、Bプロバイダーではお客さん1人に提供している回線(帯域)を、 Aプロバイダーでは、お客さん2人に提供しているということがよくあります。 その分、AプロバイダーはBプロバイダーより安く提供していたりするわけですが、 Aプロバイダーのお客さんは、端的にいうと、安かろう悪かろうになってしまいます。
また、上位のBプロバイダーに障害があるとAプロバイダーにも直撃します。
契約時には上位プロバイダーの存在を聞いてみるのがベストといえます。

インターネット回線とプロバイダを同一のものだと思っている人が多いようですが、別物でありどちらかが欠けてもインターネットに接続することはできません。両方と契約する必要があります。 プロバイダはインターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provier)の略称であり「ISP」や「インターネット接続事業者(略して接続事業者)」とも呼ばれています。

公式サイトへ






コンテンツ




甘口のレビューが多いとお嘆きの貴方に。東京温泉辛口レビュー。さやの湯、おふろの王様、ラクーア、大江戸温泉、などなど。

初心者の学習・上達におすすめのビジネス英会話なら英語塾アブソ秋葉原校